保存や共有はクラウド上でサクッと!写真共有サービス

いくらでも保存できて簡単

iPhoneや一眼レフで撮ったはいいけど、撮影した大容量の写真の保存場所に苦悩している人も多いハズ。
写真の保存や共有が簡単にできてアルバム整理やタグ付けで効率よく分類ができ、クリエイティブメディアにも使える写真共有サービスflickr

flickrを使えば、撮影した直後に写真データをクラウド保存、または共有ができます。
私(@realrythem)も、flickrを使ってLenkaで撮影した写真をクラウド保存し、タグ付けをして効率よく短時間で整理整頓を行なっています。

今回は、flickrを導入する3つのメリットのご紹介を致します。

Advertisement

クラウド上に大量保存できる

flickrは、米国のYahoo!により運営されている1TBの大容量の写真を無料でクラウド上に保存できる写真共有サービスです。

撮影した写真をアップロードして保存したり、保存した写真を公開して多くの人に見てもらうことができます。

また、タグ付けやアルバム機能を活用してクラウド上で写真の整理整頓を行う事が出来ます。

iPhoneだけでなく一眼レフにも対応していて、保存した写真に埋め込まれた「時間」「場所」「設定」などのデータを確認できたりと場面を問わずに保存や共有をすることができます。

一眼レフでも解像度がそのまま

flickrは、解像度の制限がなく一眼レフで撮影をした写真をそのまま保存できます。

常にiPhoneだけでなく一眼レフも持ち歩き、容量を気にせずに撮影してその場で写真を保存したい方には便利なサービスです。

また、時系列でのタイムラインの確認が出来るので確認したい写真のみピップアップする事も可能です。

どこでもスマートに保存ができて、次の撮影に応用できるフィードバックをスピーディに解析する事が出来ます。

投稿した写真は世界と繋がる

flickrは、写真家として認知を広めたい場合や多くの方に作品を見ていただきたい方には、素晴らしいクリエイティブメディアになります。

写真共有サービスで世界にお気に入りの一枚を公開すれば、世界中の「flickrユーザー」「写真家」「クライアント」と写真一枚でオンライン上で繋がれるチャンスが獲得できます。

flickrには、「facebook」「Twitter」「Tumblr」と他のソーシャルメディアとの連携機能があり良い作品であれば世界中のflickrユーザーが一斉にシェアしてくれます。

まとめ

flickrは、米国のYahoo!により運営されている1TBの大容量の写真を無料で保存できる写真共有サービスです。

iPhoneだけでなく一眼レフにも対応していて、保存した写真に埋め込まれた「時間」「場所」「設定」などのデータを確認できたりと場面を問わずに保存や共有をすることができます。

flickrには、「facebook」「Twitter」「Tumblr」と他のソーシャルメディアとの連携機能があり良い作品であれば世界中のflickrユーザーが一斉にシェアしてくれます、次は一眼レフでフリッカー映えにチャレンジ。

Pixfeed for Flickr
カテゴリ: 写真
現在の価格: 無料

ちなみにiPhoneやMac Bookユーザーなら、雑誌「Mac Fan」の定期購読がオススメです!

ロボアドバイザーを活用した分散投資なら、手軽にはじめられる「WealthNavi」で資産運用がオススメ。

生活を変えるWeb活用法

今だけ、Web活用のコツをアドバイス!

新規クライアント限定にて、無料でご相談を伺います。(初回のLINE@相談のみ無料となります。)

  1. あなたのWebの課題

  2. Webの活用の目的と目標

  3. 現在のWebの活用の状況


以上を記載の上、LINEから「友達追加」をしてご相談下さい。
Web活用コンサルタントが、数時間後にご相談にお答えいたします。

LINE@友だち追加

SNSでもご購読できます。

 

Advertisement
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください